インターネット お得に契約

IT観光ハイヤー
携帯電話:090-3888-4964
自宅・FAX:076-241-4213


ワンランク上の観光ハイヤー
 
(越前・福井)(能登半島)(世界遺産・合掌造り)などの観光案内

越前海岸 【東尋坊】 福井観光
天空の城 【話題の大野城
 
ロールオーバー【冬の大野城・天空の城】

勝山・大野は恐竜化石の宝庫
(勝山市・県立恐竜博物館お勧めです)

丸岡城
天守閣・日本最古

古戦場の里
戦国時代の遺跡朝倉

大本山・永平寺
曹洞宗・第一修行道場

越前竹人形の里
日本で唯一の竹細工工房

北陸の代表的な東尋坊
遊覧船も出ています。















福井県
古くから日本海側の玄関口であり、東北・北陸から京都に通ずる要衝の地として、また大陸文化の窓口として
栄えた。曹洞宗大本山永平寺は、今から約750年前、鎌倉時代に道元禅師によって創建された古刹。33万uにも及ぶ
広大な敷地には、山門・仏殿・法堂・僧堂をはじめとする70余の建物が、樹齢600年を超える老杉に囲まれながら静かにたた
ずんでいる。また日本海の荒波に削られた断崖絶壁がつづく東尋坊や呼鳥門は観光客に人気がある。

温泉は、芦原(あわら)温泉が県屈指の歓楽地として人気。温泉にのんびりと浸かったあとは、越前カニ、
若狭フグ、若狭ガレイ、笹ガレイといった海の幸、(越前福井)を代表する
越前うに・「日本三大珍味
濃厚な味「すし屋で扱うの
白うに(生うに)とは違います」汐漬の練りうに(濃厚な味ですので少なめに・味見しながら食の事)は絶品です。
旅行の日程が決まりましたら、
御予約はお早めにどうぞ! お待ちしております。

※お客様のペースでオリジナル観光ご案内致しております。             

お問い合わせは
個人:足羽(あすわ)交通
石川県金沢市八日市1丁目120−7

電話・FAX:076−241−4213
携帯電話090-3888-4964
メール:
asuwataxi@po6.nsk.ne.jp

観光・ビジネスハイヤー・タクシー予約等、何なりと尋ねて下さい。

メール返信は24時間内に送りますのでよろしく願います。

送迎・観光タクシーご案内車両(大型車
黒塗:ハイヤー仕様(完全御予約)で営業致しております。
観光料金は、契約で定額料金^^。
瀧谷寺(たきだんじ) 
参道・両サイドに年代の椿が素敵です
北陸地・古刹の寺 (三国町)

国宝:【銅鑼】1点 その他多数の重文
丸岡城(別名・霞ヶ城)天正4年(1576年)、柴田勝家の甥で養子の柴田勝豊が築城した平山城。上層に望楼を形成し、ニ層三階建の特異な建築法を採用。屋根には、笏谷石製の瓦をのせている。(一番古い天守閣)
【一筆啓上の里】・「お仙泣かすな 馬肥やせ」
徳川家康の家臣本多作左衛門重次が陣中から妻に宛てて送った手紙として有名です。「お仙」とは、後の丸岡城主本多成重(幼名:仙千代)のことです。
白米!人気NO1のこしひかり米は、福井県坂井平野ふるです。昭和31年に福井県の農業試験場にて初めて育成される。その後、新潟県南魚沼郡塩沢町中子(現南魚沼市中子)で、本格的に栽培されるようになり、味の良さや高価な取引値から、全国的に生産されるようになる。
坂井平野(県内で1番広い平野)を見下ろす丸岡城
丸岡城・福井県丸岡町
「一筆啓上の里」・(短い手紙:丸岡町役場のアイデアーから)
屋根の瓦が全て石(笏谷石・しゃくだにいし)で造られているのは、全国でも珍しい特徴のひとつだ。
福井県福井市:足羽山の笏谷石(火山礫凝灰岩) 学 名「越前青石」とも言われ、三国湊から北前船に積まれて遠くは蝦夷地まで全国に運ばれました。きめ細やかでやや青みを帯びた色合いの良さに加え柔く加工しやすい。また、水に濡れると青石が緑色に映える様になります。
現在は、採石は行われていません。
雄島 (別名・日本海の江ノ島)
越前海岸の島で最も大きな島!標高27m周囲2km1200年前に噴火した輝石安山岩(東尋坊と同じ)の島
地元民は昔から無人島の神の島とあがめている。
赤い橋(雄島橋の長さは約200m)を渡ると鳥居がある。
大湊神社の入り口、島全体が神社なのです。
 
遊歩道・島を一周(徒歩約20〜30分)

夏の時期:ウミツバメが舞、釣りでは、蜂の巣岩近くでは、テッポウキスが釣れる。その他島の裏側では石鯛が^^。
新田義貞の墓・(福井市・新田塚町)
 南朝の忠臣新田義貞公は延元3年、38歳の壮令で戦死し、称念寺の白道上人は、その遺体を寺の境内に葬った。
「新田義貞の兜がこの場所(写真)から発見された。」
  
兜は
藤島神社に
奉納されてる
(福井市毛矢)
藤島神社 バナー 能登半島
十村役:喜多家
【国重文】
新田義貞の末裔
養浩館庭園ようこうかんていえん
福井藩主:松平家の別邸で、江戸時代には「御泉水屋敷」と称されていました。大な池を中心に江戸中期を代表する書院建築と回遊式林泉庭園。
平成5年に当時の姿に復元され、約半世紀ぶりに美しい環境が蘇まりました。
福井藩主:松平家の別邸でその優美な書院建築・江戸中期を代表する貴重な名園

滝谷寺(三国町) 1929年
国の名勝に指定された庭園
必見です。

呼鳥門(越前海岸)
季節風等で侵食さた自然のトンネル

竹人形「風の盆(富山)」
創作竹人形
素朴で哀愁があるでしょう^^

越前竹人形の里
北陸の厳しい寒さに耐えた良質の竹を利用して、籠・花器・などの竹工芸品また竹人形の名作を集めた創作の品。
工房では竹人形作りの実演見学
老杉に囲まれながらたたずむ
(世界に誇れる永平寺)
曹洞宗第一道場」大本山・永平寺
今から約750年前、鎌倉時代に道元禅師によって創建された古刹
曹洞宗第二道場」は、大野市・宝慶寺です。
「嫁脅しの肉附面」
浄土真宗の名僧・蓮如により、仏教信仰がさかんになった本願寺教団が形成され、やがて一向一揆蜂起の基盤となりました。吉崎御坊は東西両本願寺、吉崎寺、願慶寺の4つを総称して吉崎御坊と呼んでいる。古くから日本海側の玄関口であり、東北・北陸から京都に通ずる要衝の地
(肉附面のお寺(願慶寺) (外部リンク)
住職のお話が勉強になり

又、凄く楽しいです。